学園祭で演奏!中学生とコラボレーション

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

さいたま市北区「プラザノース」で開催中。初心者が安心して通えるサックス教室。

バップライフサックス教室 代表の髙橋浩明です。http://www.bop-life.info/lesson/

 

 

本日11月6日は3年ぶりに、地域の方々を巻き込んで、社会福祉法人「うらわ学園」の学園祭が開催されます。

過去には2度、私も演奏で参加させて頂き、施設のお隣にある「さいたま市立本太中学校吹奏楽部」の方々とも一緒に演奏する機会を頂きました。写真は3年前の合奏演奏から。

 

今回の学園祭では事前に施設の担当者の方とも相談して、吹奏楽部の練習に参加させて頂きました。今年の吹奏楽部は全員演奏は行わず、様々なバリエーッションで吹奏楽部の特徴をお楽しみいただける内容になっています。その中で私はサックスパートの2年生お2人と「サックス3重奏」を行うことになりました。

 

10月の最後の土曜日、サックスのパート練習にお邪魔しました。3年生は受験の為、既に引退されていて、1・2年生の4人が温かく迎えて下さいました。私も久々に中学生の練習参加で様子を見ながらの訪問、生徒さんも最初は緊張の面持ちでしたが、そこは同じ楽器を志す者同士。少しずつ会話も進み楽しく練習を始めました。

 

現在はアンサンブルコンテストの為の練習中!との、事でしたが、いきなり!見るからに難しそうな楽譜が譜面台に並ぶや否や、軽々と演奏するテクニックには驚きました。まだ入部して間もない1年生も必死になって格闘する姿は感動的な光景です。

 

演奏レベルの高い「学生吹奏楽部」で、毎年一定レベル以上の技量が保たれている所謂「伝統校」は、しっかりとその技の継承が正しく受け継が行われています。ですから、生徒が3年で完全に入れ替わっても、上手な学校は常に上手なんです。本太中学校も完全にこのサイクルで回っています。よく話を伺うと3年生には「ソロコンテスト」に出場するくらいの腕前の方がいるそうです。自分よりも数段上手に演奏する身近な先輩が近くにいて、良い手本となっている事が一番の刺激となります。「あの先輩の様に演奏したい!」と、練習にも熱が入るのも当然です。

 

今回の本番前練習では、様々な事を本太中学校の生徒さんから学ぶことができました。願わくは!近所にある「市立浦和高校」や「浦和高校」(通称:浦高)「浦和一女」に進学されても、楽器演奏を続けていてほしいなー?

 

<うらわ学園 学園祭の出演予定時刻>さいたま市浦和区領家1-5-20

本太中学校吹奏学部with髙橋浩明 11時20分から11時50分

髙橋浩明の単独演奏       12時10分から12時40分

お時間がご都合のつく方は是非ともいらしてください♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

CONTACT
Copyright 2023 Bop-Life