マイケル・ジャクソン~キング・オブ・ポップの素顔~

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

バップライフサックススクール代表の髙橋浩明です。

 

 

6月25日で、衝撃的な死から12年を迎えるマイケル・ジャクソン

彼の残した数々の名曲は死後も世の人々に多大な影響を与え続けています。彼の代表曲の一曲である「ビリー・ジーン」はミュージック・ビデオのYouTube再生回数が10億回を突破したそうです。

 

実は私、生前の彼の活躍の数々については勿論知ってはいたのですがあまり注視してはいませんでした。当時から熱狂的なファンを獲得していたので自分は少し引いた位置で見ていた感じです。

ところが2009年6月25日に入った余りにもショッキングな彼の死の報道から考え方が一変してしまいました。

 

当時、結婚したばかりの妻がこの世紀の大ニュースに過剰反応している様子を見ていて違和感さえ感じましたがよくよく話を聞き彼のヒット曲をあらためて聞いてゆくうちに私もマイケルの作る楽曲に引き込まれてゆきました。

 

決定的になったのは 2009年10月28日から劇場公開が始まった映画

マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

公開初日に鑑賞しましたがまるでコンサートホールでLiveを見ている感覚でした。結局夫婦2人で毎週見に行くことになりました。(笑)

 

マイケルジャクソンの凄さは「楽曲の素晴らしさ」は勿論なのですが、映画で紹介されている数々のエピソードや彼の言動から「関係者への心配り」や「気遣い」に満ち溢れている点にあります。自分の創り上げた構想には一切妥協を許さない厳しさを持ち合わせる反面、共演者へのフォローが絶妙で優しさに溢れているんです。マイケル!もうメロメロですよ。

 

リアルにコンサートが行われなかった事は本当に残念でしたが、コンサートを創り上げる過程が克明に記録されたこの映像は貴重な資料として大変価値のある物です。後世に残して行きたい功績です。今後も残された数々の楽曲を聞き続けたいです。

 

バップライフサックススクール体験レッスンのお申し込みは↓

http://www.bop-life.info/lesson/contact/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

CONTACT
Copyright 2022 Bop-Life