コルトレーン聖誕祭

皆さま こんにちは

バップライフ(BopLife) 代表 高橋浩明です。

 

 

本日9月23日は「ジョン・コルトレーン」の94歳のバースデー!

 

今でも様々なメディアで取り上げられ、存在感抜群。

未発表音源やアルバムのリマスター版も続々発表されています。

 

因みに今年は「ジャイアント・ステップス」発売60周年で

オルタネートテイクを加えた最新リマスタリングの豪華2枚組みが発売されます。

 

私が最初に買ったコルトレーンのアルバムは↓(ジャケ買い)

中学3年の自分には難解すぎて1曲目の「インディア」で挫折

「インプレッション」までたどり着かなかったなー。(笑)

本作は私のJAZZアルバム購入第一号になりました。

 

コルトレーンは同じ歳のマイルスと良く比べられますが

2人は全く対極の場所にいたように思います。

普段は口数少なく、常に楽器を携え練習をしていた印象のコルトレーン。

いざ演奏が始まるとだれも止める事の出来ない勢いで吹き続ける。

そのギャップに唖然とする程激しいプレイヤーでした。

 

歴史的名盤「至上の愛」等を残し、最強のカルテットを擁していた頃のピアニスト:マッコイ・タイナー氏も最近亡くなり一時代が完全に幕引きになってしまいました。

 

因みに「カインド・オブ・ブルー」の最後の生存者

ドラムス:ジミー・コブ氏も最近訃報を聞きました。

 

 

私は今月より本格的にLive活動を復活させます。その第一弾は

「モンク・ミーツ・コルトレーン」と題して9月26日に池袋

「インデペンデンス」で行います。

 

モンクのオリジナル作品にコルトレーンがどの様に影響を受けたのか?

その答えを音で表現したいと思います。

 

バップライフ(BopLife)サックススクール

体験レッスンのお申し込みは↓

http://www.bop-life.info/lesson/contact/

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

CONTACT
Copyright 2020 Bop-Life