♪ワークショップコンサートを終えて♪

いつもblogをご覧頂きありがとうございます。

バップライフサックススクール代表の髙橋浩明です。

 

今年は東京文化会館さまが長年行っている参加型のコンサート。『ワークショップミュージコンサート』に出演させて頂く機会が2公演もあり私の今後の役割や方向性に気がつくきっかけを頂きました。

 

音楽の楽しみ方には様々な型があると思います。

自分の好きな『場所』で好きな『時間』に『1人』で,『静か』に『大好きなアーティストの曲』を聴く事は,素晴らしい聴き方の一つです。

私の小学生の頃は正にこの聴き方で両親の帰りを待つ間,レコードプレーヤーに当時流行していたヒット曲をのせて聴いていました。

 

いつしか自分も歌や演奏で音楽を楽しみたいとの思いが芽生えたのは今思うと中学生になった頃だったのかもしれません。次第に聴くだけではなく自身が奏でる事で得られる喜びに目覚めて行きます。発表する場を経験すればする程,観衆からの声援や拍手と言った反応を肌で感じた後は高揚感に溢れ何事にも変え難い充実した時を得ることが出来ます。

 

 

今回参加させて頂いた「ミュージックワークショップ」はお客様がコンサートに参加する事を前提に構成されています。様々な経験を積み引き出しが多彩な東京文化会館の「ワークショップリーダー」が一から企画を考え、構成を組み合わせながら選曲してゆきます。その後、曲の練習を行ったうえで更にどのようにしたら参加されるお客様が楽しんでくださるかを常に考えて完成させてゆく必要があります。本番の公演時間は約一時間ですが完成までの道のりには膨大な時間が費やされているのです。ですから本番でお客様から声援や拍手を頂き楽しんでくださっている様子を感じる事が出来た時は幸福な気持ちでいっぱいになります。

 

私の使命は演奏する楽しさを様々な人々に伝える事と常々思って活動してきましたが、その伝え方の一つの形が今回参加させて頂いたこのミュージックワークショップであると確信したのでした。心ウキウキする音には体で反応して時には踊りながら!更に自らが演奏に参加しながら!楽しむことが出来たら!こんなに素敵なことはありません。多くの方々が演奏することで音楽に楽しく参加してくださることを切に願いながら。

 

私も出演する、次回のミュージックワークショップ「アメリカン☆パーティー」は2022年3月5日です。ぜひ一度足をお運び頂きご参加ください。

詳しくはこちらからどうぞ⇒https://www.t-bunka.jp/stage/12633/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

CONTACT
Copyright 2022 Bop-Life